訪日客手ぶら観光へ JTB・ヤマトなどがタッグ

訪日客手ぶら観光へ  JTB・ヤマトなどがタッグ

JTB、パナソニック、ヤマトホールディングス(HD)は9月21日、訪日客が手ぶら観光できるよう大型荷物を預かり、宿泊先に配送するサービスを2018年1月に共同で始めると発表した。スマートフォンで簡単に申し込めて手続きの手間を省ける。
このサービス「ラゲージ・フリー・トラベル」では国内の空港から宿泊施設、宿泊施設間などで荷物を送れる。JTBのツアー参加者のほか、個人旅行者でも旅の前や最中にスマートフォンやパソコンで申し込める。
利用者が配送先や荷物の寸法・個数、氏名などを多言語サイトから入力すると、QRコードが発行される。これを空港や宿泊施設の窓口で見せれば1分半ほどで荷物を預ける手続きが終わる仕組みだ。従来の荷物配送サービスでは10分以上かかっていた送り状を手書きする手間が省ける。
荷物を預けられる場所は、当面は成田、羽田、中部、関西の4国際空港と、東京、大阪、京都を中心とするホテルなど約100施設。配送先に指定できる受け取り拠点は全国1万軒の宿泊施設だ。
基本料金は荷物の3辺の長さの合計が120㌢・重さ15㌔㌘以内なら片道で税別2000円から。160㌢・25㌔㌘以内だと同2500円からとした。地域により追加料金がかかる。

8月訪日外客数20.9%増の247万8000人 最多更新

8月訪日外客数20.9%増の247万8000人 最多更新

日本政府観光局(JNTO)の推計によると、2017年8月の訪日外客数は前年同月比20.9%増の247万8000人に達した。2016年8月の204万9000人を42万人以上上回り、8月として過去最高となった。
多くの市場で夏期休暇シーズンを迎え、チャーター便を含む航空路線の新規就航や増便、そして訪日クルーズが追い風となった。
市場別では、中国が全市場を通じて初めて80万人を超え、単月として過去最高を記録したのが目を引く。インドネシア、イタリア、ロシア、スペインを除く15市場が8月として過去最高となった。

良品計画 タイ旗艦店「MUJI ZEN」移転増床オープン

良品計画 タイ旗艦店「MUJI ZEN」移転増床オープン

良品計画(本社:東京都豊島区)のグループ会社、MUJI Retail(Thailand)Co.,Ltd.(タイ・バンコク)は、バンコク中心部の商業エリア、Central World Shopping Mall内のZEN百貨店5階で2012年1月から営業してきたMUJI ZENを4階に移転増床し、タイの旗艦店として9月15日にオープンした。
売場面積はタイ国内最大の878平方㍍に拡大し、同国初の取扱いとなる「MUJI Labo」や「Found MUJI」などの商品群や商品を自分だけのオリジナルにカスタマイズできる「刺繍サービス」、住空間商材の専門販売員「インテリアアドバイザー」などを導入する。

リンガーハット プノンペンにカンボジア1号店

リンガーハット プノンペンにカンボジア1号店

リンガーハット(本社:東京都品川区)は9月8日、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」初のカンボジア店舗「リンガーハット イオンモールプノンペン店」をオープンした。
同店舗は同国最大規模の、海外からの高感度なテナントが数多く出店しているイオンモールプノンペン内にある。店舗面積は35.8坪、45席で、長崎ちゃんぽんや長崎皿うどんなどを提供する。同店舗の運営は2017年に設立した子会社、リンガーハットカンボジア(本社:プノンペン)が担う。
リンガーハットは2020年までに海外店舗50店舗を目指している。とくにタイを中心とした東南アジアでの出店戦略に力を注いでいる。同グループの現在の海外店舗は米国4店、タイ4店、香港2店、インドネシア、台湾、そして今回のカンボジア各1店で、合わせて6カ国・地域13店舗となっている。

キャセイドラゴン航空 羽田ー香港線3/1より運航再開

キャセイドラゴン航空 羽田-香港線3/1より運航再開

キャセイドラゴン航空は2017年10月29日からの冬期スケジュールで運休を予定している羽田-香港線について、期間中の2018年3月1日より運航を再開することを決めた。
機材繰りの目途が立ったことや、顧客から非常に人気の高い便であることから再開する運びとなった。これまでの深夜便から早朝便に変更し、3月25日以降の2018年夏期スケジュールでも継続運航される予定。使用機材はエアバスA321-200型機(ビジネスクラス24席、エコノミークラス148席、計172席)を予定。

JAL インド航空会社とコードシェア,マイレージ提携

JAL インド航空会社とコードシェア,マイレージ提携

日本航空(本社:東京都品川区、以下、JAL)とVISTARA(本社:インド・グルガオン、以下、UK)は、利用顧客の利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的とし、コードシェアを2018年度中に実施し、マイレージ提携については準備が整い次第、2018年度以降に開始する。
今回の提携により、JALが運航する日本-デリー線および日本国内線と、VISTARAが運航するインド国内線での相互のコードシェアおよびマイレージを実施および開始する。これにより、JALのインド国内ネットワークは最大21地点に拡大する。また、ラウンジの相互利用など両社の顧客にとってメリットを最大限に提供できるよう、業務提携について検討していく。
VISTARAはTATAグループとシンガポール航空の合弁会社として2015年1月より運航開始。デリーを拠点にインド国内20地点に週664便を運航している。

イオン マレーシアジョホール州6店舗目のモール

イオン マレーシアジョホール州6店舗目のモール

イオンマレーシアは9月7日、ジョホール州ケンパスに「イオンモール バンダーダトーオン」をオープンする。同モールはエリアドミナントを目指すイオンマレーシアの同州の6店目。同社が展開するモールとしては27店舗目の施設となる。
同モールはジョホールバル中心地から北に12㌔㍍、自動車で20分圏内にあり、ジョホールバルの新興住宅エリアに位置する。地上4階建て、商業施設面積は5万8300平方㍍、駐車台数2100台。総合スーパーを核テナントとして、約150の専門店を配置している。

エバー航空 青森-台北に定期チャーター便運航

エバー航空 青森-台北に定期チャーター便運航

青森県は9月4日、台湾のエバー空港が青森空港と台北を結ぶ定期チャーター便を11月から2018年3月まで運航すると発表した。エバー航空は11月3日から2018年3月13日まで火曜日と金曜日の週2往復、計76便を運航する。使用機材はエアバス321型(184席)。
青森-台湾間のチャーター便は、これまで短期間の運航はあったが、今回のような5カ月間にわたる長期運航は初めて。
青森県では、青森と台湾の一層の交流拡大と、課題だった冬季の観光振興につながる-と期待している。

台湾のLCCタイガーエア 帯広に10月チャーター便

台湾のLCCタイガーエア 帯広に10月チャーター便

釧路市は9月4日、台湾のLCC(格安航空会社)、タイガーエア台湾(台北市)が、とかち帯広空港にチャーター便を運航すると発表した。運航期間は10月3~28日の火曜日と土曜日で、とかち帯広空港-台湾・桃園国際空港間の計8往復。使用機材はA320型機(180席)。
帯広、釧路、網走の3市は台湾のチャーター便を誘致するため、市長が台湾を訪問するなど観光PRを重ねてきた。

ジェットスター・パシフィック 関空-ハノイ線就航

ジェットスター・パシフィック 関空-ハノイ線就航

ジェットスター・パシフィック航空(本社:ベトナム・ホーチミン市)は9月1日、関空-ハノイ線(ダナン線は9月2日)の運航を開始した。日本とベトナムを結ぶ同路線は、LCC(格安航空会社)による初めての直行便となる。同路線は、エアバスA320型機(180席)で全便運航される。
ベトナムにおける在留邦人数は現在1万6000人を超え、同国を訪れる日本人観光客は年々増加傾向にあり、2016年には74万人を突破した。また在日ベトナム人は19万9990人が滞在している。