パナソニック現地販売法人に菅新社長就任 売上20%増目指す

パナソニック現地販売法人に菅新社長就任 売上20%増目指す
 パナソニックの現地販売法人パナソニック・ゴーベル・インドネシア(PGI)社は4月12日、1日付で新社長としてパナソニック・コンシューマーマーケティング・アジアパシフィック社(シンガポール)社長の菅広美(すが・ひろよし)氏が就任したと発表した。菅沼一郎PGI前社長は、2008年8月から兼務していた現地製造法人パナソニック・マニュファクチャリング・インドネシア(PMI)社社長、インドネシアのパナソニック・グループの総代表として、インドネシアでの業務を継続する。
 菅新社長は29年間海外畑を歩み、前職ではインドネシアを含むアジア・太平洋地域23カ国(中国・インドなど除く)を統括。今回インドネシア専任となり、あいさつのなかで「それだけインドネシア市場に力を入れていく表れだ」と強調した。PGIの昨年度(12年4月~13年3月期)の売り上げは前年度比17%増で、市場全体の伸び(18%)を下回ったが、これは20インチ台のテレビの投入を見送ったため。今年度はこの分野に再び参入し販売を伸ばすほか、同日、インドネシアで開発から製造までを担ったオーディオ製品の販売を発表。また5月に発売する冷蔵庫、洗濯機などの新商品を披露した。これらの商品ラインナップで、市場全体の今年度の伸びは15%と予測されているが、PGIの菅新社長は今年度の売り上げについて前年度比20%増を目指すとしている。

 

ガルーダ航空が10月から関空-ジャカルタ便を新設

ガルーダ航空が10月から関空-ジャカルタ便を新設
 ガルーダ・インドネシア航空のエミルシャ・サタル社長兼最高経営責任者(CEO)は4月12日、東京都内で記者会見し、今年10月に関西国際空港-ジャカルタ便を開設する計画を明らかにした。週4往復程度の運航を予定。エアバスの330型機を投入する。日本からの、安定した経済成長が続くインドネシア向け観光や、拡大するビジネス需要を取り込むのが狙い。
 サタルCEOはインドネシア-日本間の航空旅客動向について、日本からの旅客はここ数年増加傾向にあり、原発事故以降、減少していたインドネシアからの訪日需要も急回復している-と語った。そして、将来的には日本線に大型機、ボーイング777型機の投入も検討するとの考えも示した。

細野、無敗の王者、クリス・ジョンに挑戦 4/14ゴング

細野、無敗の王者、クリス・ジョンに挑戦 4/14ゴング
 インドネシア・ボクシング界の雄、WBA世界フェザー級王者のヨハネス・クリスティアン・ジョン(通称クリス・ジョン)とのタイトルマッチを2日後に控えた挑戦者、細野悟(29、大橋)らが4月12日、中央ジャカルタで共同記者会見し、試合への意気込みなど心境を語った。
 チャンピオン、クリスは50戦無敗(48勝2引き分け)を誇る。それだけに細野は「クリスは偉大なチャンピオン。パーフェクトだ」と称えた。ただ、自身のコンディションは良好で「胸を借りるつもりで頑張る」と控えめだが、内に秘めた闘志をのぞかせた。迎え撃つチャンピオンは、王座防衛戦は18度目だが、「プレッシャーはない」と終始落ち着いた様子。
 試合会場は中央ジャカルタ・スナヤンの室内テニス場。14日は世界ボクシング機構(IBO)フェザー級チャンピオン、ダウド・ヨルダン(インドネシア)とシンピウィ・ベトイェカ(南アフリカ)のカードを含む6試合が予定されている。

金利5.75%で14カ月連続据え置き 13年度GDP下方修正

金利5.75%で14カ月連続据え置き 13年度GDP下方修正
 インドネシア中央銀行は4月11日の理事会で、政策金利を14カ月連続で5.75%に据え置くことを決めた。同国では3月のインフレ率が中銀の目標(3.5~5.5%)を上回る5.9%に上昇。また、通貨ルピア安による輸入物価の上昇圧力も強まっている。しかし、今後は一時的に品薄になった食材なども供給が増えることで物価は制御できるほか、インフレ圧力は将来的に緩和するとし、一部で予想された金利の引き上げは、現時点では時期尚早と判断した。
 2013年の国内総生産(GDP)伸び率見通しは6.2~6.6%とし、前回予想の6.3~6.8%から下方修正した。第2・四半期のGDP伸び率は6.2%程度と予想している。

期間限定で日本定食を提供 メルキュール・ホテル

期間限定で日本定食を提供  メルキュール・ホテル
 南ジャカルタのメルキュール・ホテル・ジャカルタ・シマトゥパンの「レストラン・グラフィティ」は4月30日まで「ジャパニーズ・ベントー・フード・フェスティバル」と題し、ランチ~ディナーの時間帯に、”日本の味”にこだわった6種類の定食メニューを提供する。
 用意する定食は「鳥ソテー(焼肉または照り焼きソ-ス)」「牛焼肉(または照り焼き)」「鮭照り焼き」「うなぎ蒲焼き」「シシャモ」「天ぷら盛り合わせ」の6種類。価格帯は9万5000~13万5000ルピア。
 レストラン・グラフィティでは常時提供するビュッフェやアラカルトメニューに加え、月代わりで特別メニューを企画し、これまでにバリ料理などを提供してきている。4月の日本料理に続き、5月はイタリア料理、6月はブタウィ(ジャカルタ土着の民族)料理を予定している。日本定食メニューには調味料やうなぎなど、原材料の多くに日本からの輸入品を使用しているという。

 

沖縄の儀間さんがパレンバンで廃品段ボールで雑貨品講習会

沖縄の儀間さんがパレンバンで廃品段ボールで雑貨品講習会
 南スマトラ州パレンバン市で3月30日~4月2日の4日間、日本人講師による、ごみとして出された段ボールを再利用して雑貨品をつくる講習会が行われた。講師は沖縄を中心に活動する儀間朝龍(ぎま・ともたつ)さん(36)で、ごみから生活雑貨をつくる楽しさをインドネシア人主婦や大学生に教えた。
 廃品となった段ボールも、①水に浸す②3層状の段ボールを分離する③アイロンで乾かす-と、ひと手間加えることで薄い紙に変わる。こうして、ごみだった段ボールはノートや紙袋、封筒、便箋などの材料になるという。
 講習会は、パレンバン市環境事務所に駐在する青年海外協力隊の田島亜希子さん(33)が、リサイクル製品の種類を増やしたいと企画。ウェブサイトを通じ、突然の依頼を受けた儀間さんは快諾し、今回インドネシアを初めて訪れ実現した。

愛媛県、同商工会議所連などが経済ミッション派遣

愛媛県、同商工会議所連などが経済ミッション派遣
 愛媛県企業のインドネシア事業推進および、今後進出を検討する中小企業の事業機会を探ることを目的に、愛媛県商工会議所連合会、愛媛県などの経済ミッションが4月9日から12日までの日程で、インドネシアを訪れている。
 到着した9日夜には今回の訪問を支援するインドネシア日本友好協会(PPIJ)の歓迎レセプション、10日は中央ジャカルタのBNIビルで、インドネシア側参加企業55社と日本側企業14社が参画した商談会に臨んだ。また中村時広知事と白石省三連合会会頭は工業省、商業省を表敬訪問。夜には愛媛県人会との懇談会で黒田憲一会長ら同県出身の在留邦人と交流。
 11日は白石会頭が会長を務める三浦工業の新工場、住友建機工業、スルヤ・チプタ工業団地、パナソニックヘルスケアの視察などが予定されている。中村知事は11日はダフラン・イスカン国営企業担当国務相と面会する予定で、県の産業、観光の周知を目指すほか、ガルーダ航空幹部とも会談する予定。今回の参加企業には産業用ボイラーの三浦工業、井関農機など年内にインドネシア国内で新工場を稼働させる企業も含まれている。

経済成長率は今年6.4% 来年6.6% アジア開発銀が見通し

経済成長率は今年6.4% 来年6.6% アジア開発銀が見通し
 アジア開発銀行(ADB)が4月9日発表した2013年版「アジア経済見通し」によると、インドネシアは投資と個人消費の拡大、世界貿易の持ち直しで、2013年に6.4%、14年に6.6%と直近15年で最大の経済成長率を記録すると予測している。この根拠は、雇用の増大と平均最低賃金の30%上昇などにより個人消費が拡大し、2014年4月の総選挙と7月の大統領選挙に関連した消費が今年後半から消費増大に寄与するとみられるためだ。
 投資は、民間部門がADBの昨年の調査に基づき13年前半で十分に投資額が増加するとの見通しを示した。公共部門はインフラ整備向けの慢性的な予算執行の遅れで政府が掲げる執行額の目標は達成できない可能性はあるが、13年予算が増加したことが投資額を押し上げることにつながるとしている。
 輸出額は中国、その他の海外市場の成長により増大し、14年には主要な産業分野の成長により輸出が回復するとの見方を示した。政府が燃料価格を据え置いた場合、インフレ率は13年で電気代の値上がり、ルピア安、最低賃金の上昇により平均5.2%、14年で4.7%になると予測している。

アチェ州ビルン県議会がイスラム服着用義務化の条例案検討

アチェ州ビルン県議会がイスラム服着用義務化の条例案検討
 地元紙によると、アチェ州ビルン県議会が、成年男女に顔面と手以外の身体を覆うイスラム服の着用を義務付ける県宗教条例の整備を検討していることが分かった。アチェ州では唯一、イスラム法(シャリア)が導入されており、宗教警察の取り締まり対象にする方向で、地元のイスラム学者や各党派内で内容を検討しており、条例案について公聴会も開くという。

アピンド総会でソフヤン現会長を再選 3期目に

アピンド総会でソフヤン現会長を再選 3期目に
 インドネシア経営者協会(アピンド)は4月9日開いた総会で、次期会長選挙を実施。総会前は、今回は若い世代からの出馬も予想されていた。だが地元紙によると、結局ほかに立候補者がなく、現職のソフヤン・ワナンディ氏(72)が再選された。ソフヤン氏は2003年から2期10年にわたって会長を務めてきた。次期が3期目となる。