入江聖奈 ボクシング日本女子フェザー級で初の金

東京五輪ボクシングフェザー級の決勝が8月3日行われ、入江聖奈(20)が2019年世界選手権覇者のネスティー・ペチシオ(フィリピン)に判定で勝ち、日本女子史上初の金メダルに輝いた。日本勢の金メダルは1964年の東京五輪男子でバンタム級、桜井孝雄、2012年ロンドン五輪男子のミドル級、村田諒太に続く3人目の快挙。

バレーボール女子 25年ぶりに無念の1次リーグ敗退

東京五輪第11日の8月2日、バレーボール女子の1次リーグ最終戦が行われ、日本はドミニカに敗れ1勝4敗となり、A組5位に終わった。この結果、決勝トーナメント進出は成らなかった。日本が出場した五輪で、バレーボール女子が決勝トーナメント進出を逃したのはアトランタ五輪(1996年)以来、25年ぶり。

6都府県の自宅療養者が10日間で3倍の3万人に

緊急事態宣言が発令された6都府県のまとめによると、新型コロナウイルスに感染して自宅療養している人が急増、8月1日時点(神奈川県のみ7月31日)で3万275人に上ることが分かった。7月21日時点では約9,000人でわずか10日余で3倍に急増した。感染力が強いインド由来の変異株「デルタ株」による”第5波”で、感染拡大に歯止めがかかっていないため。日を追って自宅療養者がさらに増える可能性があり、医療提供体制のひっ迫が懸念される。

6都府県の「宣言」5道府県に「まん延防止」適用

日本政府は8月2日、新型コロナウイルス対策として大阪、神奈川、埼玉、千葉の4府県に緊急事態宣言を発令した。これにより対象地域は発令中の東京、沖縄を合わせた計6都府県に拡大した。また、新たに北海道、石川、京都、兵庫、福岡の5道府県に「まん延防止等重点措置」を適用した。期間はいずれも8月2日から31日まで。