fujishima のすべての投稿

凱旋門賞 日本勢惨敗,土砂降りのロンシャンに夢散る

世界最高峰の競馬レース、凱旋門賞(G1、芝2,400m、フランス・パリロンシャン競馬場)が10月2日、強烈な雨が降りしきる中、行われた。今年こそ頂点をの夢を乗せて、日本からタイトルホルダー(牡4、栗田厩舎)を大将格に、ドウデュース(牡3、友道厩舎)、ステイフーリッシュ(牡7、矢作厩舎)、ディープボンド(牡5、大久保厩舎)の過去最多の4頭が出走。日本競馬界とファンの悲願の頂点奪取の期待が集まっていた。
しかし、折からの重馬場に加え、不運にもレースがスタートするころから、まさにどしゃ降りの雨となった。日本馬は各馬とも経験したことのない、悪条件に見舞われ戦意喪失気味。逃げたタイトルホルダーを含め、いずれもスタミナを消耗、本来の走りが全くできずに惨敗。またも夢は散った。
タイトルホルダーは11着、ステイフーリッシュ14着、ディープボンド18着、ドウデュース19着に終わった。優勝したのは英国のアルピニスタ(牝5)で、1着賞金285万7,000ユーロ(約4億円)を獲得した。

オリックス 最終戦で劇的逆転パ・リーグ連覇

プロ野球パ・リーグは10月2日、オリックスの2年連続14度目(阪急時代の10度を含む)の優勝が決まった。この日のそれぞれ最終戦でオリックスが楽天に5−2で勝ち、ソフトバンクがロッテに3−5で敗れ、両チームは76勝65敗2引き分けで並んだ。ただ、パ・リーグの規定により直接対決で15勝10敗で上回ったオリックスの優勝となった。オリックスの連覇は、イチロー選手らが在籍した仰木彬監督時代以来、26年ぶり。
オリックスは前半戦は5位と低迷したが、後半戦でエース山本由伸投手の活躍などで猛追、終盤でソフトバンクにマジックが点灯する試合が続く中、逆転で劇的な連覇を飾った。

大谷翔平 来季43億円でエンゼルスと契約

米大リーグ、エンゼルスは10月1日、大谷翔平選手(28)と、1年で3,000万ドル(約43億5,000万円)で来季契約で合意したと発表した。今季の550万ドルから大幅アップし、単年ベースでは日本選手の最高額となる。
大谷選手は2023年のシーズン終了後に移籍先を自由に選べるフリーエージェント(FA)になる。

ニトリ 米国事業から撤退 アジアに資金・人材集中

家具・日用品販売大手のニトリホールディングス(本社:札幌市)は9月30日、米国事業から2023年に撤退すると発表した。海外事業は今後、有望市場と捉える東アジア・東南アジア地域に軸足を置き、資金・人材を再配置する。
同社は2013年10月に米国市場へ進出し1号店を出店。2017年度に最大5店舗を構えた。だが、現地小売企業、インターネット通販などとの競争が激しく、戦線を縮小していた。そして、現在の経済状況下での収益性改善は難しいと判断した。これにより、タスティン店は2022年12月、オンタリオミルズ店は2023年4月にそれぞれ閉店する予定。

マクセル 容量2倍のセラミックパッケージ型全固体電池

マクセル(東京本社:東京都港区)は9月29日、硫化物系固体電解質使用の高容量セラミックパッケージ型固体電池の大型化を実現し、従来品比2倍の容量を持った新製品を開発したと発表した。構造とプロセスに関する高エネルギー密度化技術を適用し、105℃環境下で10年間使用可能な長寿命特性と高容量が特長。

ABCクッキングS 中国「南京万象天地店」オープン

ABCクッキングスタジオ(本社:東京都千代田区)は9月30日、中国・南京市に同日、中国19店舗目となる「南京万象天地店」をオープンすると発表した。深セン万象天地の姉妹施設で、ハイクオリティな南京初出店の店舗を多く集めた大型商業施設「南京万象天地」に入居する。
中国では2010年12月の「上海大悦城店」オープン以降、18店舗を運営しており、2022年9月時点で約8万2,000人の生徒が在籍している。

日本工営,東急など ベトナムで自動運転で実証

日本工営(本社:東京都千代田区)は9月30日、東急(本社:東京都渋谷区)、不動産開発を手掛けるBECAMEX TOKYU CO.,LTD.AIや次世代モビリティの研究・開発を行うPHENIKA-X JOINT STOCK COMPANYの4社が、ベトナム・ビンズン省ビンズン新都市で自動運転車両の実証実験を10月1日より開始すると発表した。
この実証実験は、ビンズン省総合庁舎と商業施設「Hikari」を結ぶ1周750mの範囲で、PHENIKA-Xが研究・開発する自動運転車両の走行試験を行う。公道での自動運転の実証実験は、ベトナムで初めての試みとなる。
MaaS(Mobility as a Service)実証として、路線バスアプリで自動運転の運行情報・位置情報提供を行い、路線バスから自動運転車両への乗り換えを促進する。

良品計画 500円以下の消耗品集め「無印500」開始

国内外で「無印良品」を展開する良品計画(本社:東京都豊島区)は9月30日、暮らしの基本を支える商品の提供を目指し、500円以下の日用品やs消耗品を中心に集めた新業態の店舗「無印500」を開始すると発表した。1店舗目として同日「無印良品500 アトレヴィ三鷹」(所在地:東京都三鷹市)をオープンした。同店では500円以下の日用品を約2,000アイテム、全体で3,000アイテムを販売する。
通常の無印良品店舗と比べて売り場をコンパクトにし、駅ナカや駅チカ、街中など日常的に来店しやすい生活圏に出店していく。2023年2月末までに都心部を中心に30店舗、その後年間20店舗ペースでの出店を計画している。